読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギルティ プレジャー

Lana del rey - Burnt Norton (Interlude) 【拙訳】

f:id:ladynanayan:20160222213418j:image

曲と曲をつなぐ間奏曲ですが、調べてみたところ英国人作家T.S.Eliot著による「Four Quartets」第一節の詩のようです。多々翻訳はありますが、彼女がなぜこの詩をアルバムに挟んだのか、自分なりの訳を考えてみます。


"Burnt Norton (Interlude)"

Time present and time past
Are both perhaps present in time future
And time future contained in time past
If all time is eternally present
All time is unredeemable
What might have been is an abstraction
Remaining a perpetual possibility
Only in a world of speculation
What might have been and what has been
Point to one end, which is always present
Footfalls echo in the memory
Down the passage which we did not take
Towards the door we never opened
Into the rose-garden

現在、過去
おそらく双方とも未来と共にあり
未来は過去に包まれていたのだ

もし、すべての時が現在なのだとしたら
二度と還ることはないだろう

過去の可能性は、概念に過ぎず
残るまだ見ぬ可能性は
この世界にとって臆測に過ぎず

起こりうること、起こったことは
ひとつに果て、それは常に今となる

足音が記憶の中でこだまする

私たちが採らなかった一節は
私たちでは開けることが出来なかった
秘密の花園への扉に向かうのだ

♢♦♢