読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギルティ プレジャー

Lana del rey - Ride - monologue 【拙訳】

f:id:ladynanayan:20160302201733j:image

"Ride - monologue "

 


Lana Del Rey - Ride

 
I was in the winter of my life, and the men I met along the road were my only summer.
At night I fell asleep with visions of myself, dancing and laughing and crying with them.
Three years down the line of being on an endless world tour,
and my memories of them were the only things that sustained me,
and my only real happy times.
 
私の人生は、冬だった
でも、彼といる時だけは夏だった
踊ったり笑ったり泣く夢をみていた
三年経つ頃、世界中を永遠に旅していた
記憶の中、幸せな時
 
I was a singer - not a very popular one,
I once had dreams of becoming a beautiful poet, but upon an unfortunate series of events saw those dreams dashed and divided like a million stars in the night sky
that I wished on over and over again, sparkling and broken.
 
私は歌手だった
もっとも、まだ売れていなかったけれど
かつては詩人になることを夢みていた
だけど、相次ぐ不運な出来事のせいで
満天の星のように 引き離されてしまった
夜の空に輝く星に なんどもなんども
祈るように願いを込めたけれど
儚くも夢は壊れていった
 
But I didn't really mind because I knew that
it takes getting everything you ever wanted,
and then losing it to know what true freedom is.
 
でも気にしてはいないんだ、
だって皆一度は憧れるものだから
そして夢を失ったときに、
なにが本当の自由なのか 
知ることになるんだ
 
When the people I used to know found out what I had been doing, how I'd been living,
they asked me why - but there's no use in talking to people who have home.
They have no idea what it's like to seek safety in other people
- for home to be wherever you lay your head.
 
大抵の知人は私が何をしていたか知ると
"どうやって生きてきたの" と尋ねてくる
でも家庭を持つ人に話しても意味がない
他人事だから安全だし、想像もつかないでしょ
誰にでも委ねることができる人は
 
I was always an unusual girl.
My mother told me
I had a chameleon soul, no moral compass pointing due north,no fixed personality;
just an inner indecisiveness that was as wide and as wavering as the ocean...
 
私は平凡な子じゃなかった
‘‘あなたはカメレオンのような魂を持ってる。正しい方角を示さない、モラルのコンパスのよう。海のように広く、揺れていて、内気で優柔不断ね。” と 母は言った
 
And if I said I didn't plan for it to turn out this way I'd be lying...
Because I was born to be the other woman.
Who belonged to no one, who belonged to everyone.
 
これからのことは無計画だ
と言ったらどうなるかな
だって私は‘‘あの女”になるために生まれてきたんだ
あの女は誰にも属さないかわり、皆に依存している
 
Who had nothing, who wanted everything,
with a fire for every experience and an obsession for freedom
that terrified me to the point that I couldn't even talk about it,
and pushed me to a nomadic point of madness that both dazzled and dizzied me.
 
皆、ないものねだり
これまでの経験と、自由への脅迫概念に 私は恐怖を感じる
このことについては
上手く話せないのだけれど
放浪と狂気が、私の目を眩ませる
 
[ RIDE ]
 
Every night I used to pray that I'd find my people,
and finally I did on the open road.
We had nothing to lose, nothing to gain,
nothing we desired anymore,
except to make our lives into a work of art.
 
毎夜、彼が見つかるように祈った
ついに、私の中に道を開けることが出来たんだ
失うもの、得るもの、欲望さえも無い
人生を芸術に昇華させること以外は
 
Live fast. Die young.
Be wild. And have fun.
 
思うままに生きて、後悔なく死ぬ
野性に返り、心から楽しむ
 
I believe in the country America used to be.
I believe in the person I want to become.
I believe in the freedom of the open road.
And my motto is the same as ever:
"I believe in the kindness of strangers.
 And when I'm at war with myself I ride, I just ride."
 
今まで通り、私はアメリカを信じている
私自身の理想も信じている
自由の中に道は開けると信じている
モット一はこれまで通り同じ
‘‘見知らぬ人にも良心があると信じること、
 内なる戦争が勃発した時も、只、乗り続けること”
 
Who are you?
Are you in touch with all of your darkest fantasies?
Have you created a life for yourself where you can experience them?
 
あなたは誰?
あなたは自身に潜む邪悪な幻想の全てから逃げ出したりしていない?
過去の経験から 自分自身で人生を造りだしてきた?
 
I have. I am fucking crazy.
But I am free.
 
私がそうよ。
正気じゃないけど、
でも誰よりも自由なんだ。
 
 ★
 
Live fast. Die young
 
和訳したい曲ストックが切れかけてます。
現在どなたでもコメント出来る状態なので、リクエストや誤訳のご指摘お待ちしております!
 
今年のフェスもラナちゃん来ず でしたne....もうこちらから行くしかないのか。